LOG IN

NYのかわいくて泣けたカフェを記録する【その1】

by きはら かなこ

- ニューヨークに来て、1週間が経過。

ああもう早いものでもう1週間が経ちました。語学学校も始まり、なんだかんだ友達もできて「ああ、こうやってみんなうぇいし始めるのだな」という心境です。大学ではひとりで授業も受けるしひとり大好きでも大丈夫ですが、ニューヨークでひとりでいても英語が上達しないのです。。。ああ。。

今は早めに登校してひとりでブログを書いているのですが、こういう時間がわたしにはとっても大切なのだとしみじみ感じる。早く英語を上達させて、ひとりになりたいだなんて考えているのはわたしくらいだろう。

- ニューヨークにも花粉あるからね。

現地サポートオフィスのお兄さんがある時「花粉がやばいねん」(関西弁が強くて移りそう)と言いました。わたしは「???」「花粉無いですよね???」と答えましたが実は少しだけあるみたい。

この時は「アメリカで花粉やばいなら日本でもっと大変なんだろうな」と他人事に思っていましたが、「ニューヨークの花粉」を意識したこの瞬間からわたしにも花粉の症状が。花粉は意識したら負けみたいなところありますよね。恨み。

- かわいいカフェであふれているニューヨーク

圧倒的な個性を持っていたのにもかかわらず、突如ミーハーになったわたしはかわいいカフェに行くのが大好き。東京でもちょこちょこ行っていましたが、ニューヨークでも。かわいいカフェであふれていて幸せです。記録のためにも、ここ1週間ちょいで訪れたカフェを紹介しておきます。

- Morgenstern's Finest Ice Cream

カフェと言いながら、アイスクリーム屋さんです。ここは真っ黒なアイスクリーム「coconut ash」が話題のお店。本当に真っ黒。イカ墨のパスタを食べた時みたいに、口が真っ黒になるのでデートにはおすすめしませんがインスタ映えはバッチリ。

The Wild Son

チェルシーマーケットから少し離れたところにある、カフェのようなレストランのような。ここはブランチとかランチが人気のお店。イチゴを(追加料金を払えば)追加できるのですが追加しちゃうよね。グルテンフリーのパンケーキに変更することもできます。楽しい。

隣にゴリゴリの男性が待ち合わせの人を待っていて、先に「ブルーベリーのワッフルとサラダ」を注文していたから「超綺麗なガールフレンドが来るのだろうな」と思っていたらゴリゴリの男性がやって来て2人で仲良くワッフルを食べていた。男の人だってワッフル食べるよね。ごめん。

- Woops !

マンハッタンやブルックリンにいくつか店舗を持っているのが「Woops!」マカロンを中心にパンなども人気のお店です。店員さんの英語もフランス訛りでヨーロッパに来た気分に。
インスタグラムで「Woops」で検索してみてください、おしゃれインスタグラマーの写真をたくさん見つけることでしょう。みんなやたら再訪しています。

- Henrie

女の子が大好きなピンク色のカフェです。ランチが特にかわいいのですがまだ行けていないです。これから何回も行くことになりそうなお店。先ほど紹介したアイスクリーム屋さんからも近いのでハシゴしても良いかも。(本当は地図載せたいのだけれどもなぜか調子悪い)

- by CHLOE.

最後に紹介するのはこちら。同じ名前だけどお店が隣同士で2個あります。広い方はご飯とかも食べられるようになっていて、写真は狭い方のお店。
こちらではドリンクとケーキを楽しむことができます。どちらのお店もおしゃれだけど、個人的には狭い方が可愛くて気に入った。あと空いてる。

- これから随時更新していきます。

とりあえず5箇所載せておきました。また新しいところに行ったら、その都度新しい記事として投稿できたらと思っています。本当は地図とか載せたかったのですが、できたりできなかったりと調子悪いので今回はごめんなさい。。では。


きはら かなこ
OTHER SNAPS