LOG IN

【 NY 展覧会 】LOUIS VUITTON『 VOLEZ, VOGUEZ, VOYAGEZ 』に行ってきた

by きはら かなこ

- ぼーっとできない

小さなギャラリーから、大きすぎる美術館まで。ニューヨークにいると数え切れない展覧会におどろく。そして混乱する。ぼーっとしていたら行きたかった展覧会を逃してしまいそうだ。

- LOUIS VUITTON 『 VOLEZ, VOGUEZ, VOYAGEZ 』

ハイブランドに特別興味があるわけではないけれど、旅行をテーマに貴重な作品を見ることができると聞き「行かねば〜」と。無料なのもうれしい。

- わたしがときめいた作品たち

無料の展示であるのにもかかわらず、ものすごい展示の数。とともに増える写真の数。完全にネタバレしてしまうのもあれなので、ときめいた作品たちを載せてみます。

最初に出迎えてくれるのが『ニューヨーク地下鉄の駅表示』になったルイヴィトン。こんなのときめくに決まってる。。。

ルイヴィトンにかかわらず、昔の大きなトランクの可愛さ。ずっと見ていられる気持ちになる。今のピカピカスーツケースもいいけれど、こんなトランクも持ってみたかった。(ものすごく重いんだろうけど...)

靴専用の大きなトランク。こんなに靴もってないけど、かわいい。

フォルムがわたしのタイプ。すぎている。

窓のところが実は映像で、本当に列車に乗っているような気分になれる。一つ一つの部屋で、見せ方に工夫があったのもときめきポイント〜。

昔のルイヴィトンだけではなくて、比較的最近の作品も。草間彌生さんとコラボしたときのもの。初めて見たのでほくほくした。

これはかなり新しいのでは。生で見ることはないと思ってたのでハッピー。はではで。

予想以上の内容の濃さで大満足。「無料でいいのかな」という展覧会でした。ときめきも十分貯まったことだし「さてさて帰るぞ」と会場を出ようとしたらなんと、

- お土産までもらっちゃった

お土産までもらってしまった。ピンです。

もちろん、この展覧会でしかもらえないもの。「ルイヴィトンのファンにとってはたまらないのでは。。」と震えるきはら。わたしは開けずにそっと毎日眺めています。

- 無料だけど、事前予約が必要!

ここからは事務的なこと。

フリーの展覧会なのですが、事前予約が必要。オンラインでこちらから簡単に予約できるので、忘れずに〜。見落としがちなところ。

- 2018年1月7日までの開催

残念ながら会期終了が近づいています。だからこそ、ちょうどニューヨークに来ている人には逃さないでほしい展覧会。わたしももう一回くらい行って置こうかと検討しているところです。ではでは。


きはら かなこ
OTHER SNAPS